MEMBER04

社員紹介/社員④

STAFF. 04

2023年入社 船橋加工センター
太物鉄筋加工 小林 涼央

SCHEDULE
1日のスケジュール

  • 7:40
    工場到着、担当機械の準備
  • 8:10
    朝礼・ラジオ体操
  • 8:15
    仕事開始
  • 10:00〜10:15
    休憩
  • 12:00〜13:00
    昼休憩
  • 15:00〜15:15
    休憩
  • 17:00
    業務終了
    ※残業等ある場合は夕休憩の時間が30分ほどあります

INTERVIEW
インタビュー

入社理由を教えてください

実は2019年に一度新卒で入社をして、一度退職をしています。その後2023年に中途で再入社しました。

元々の入社理由は兵庫県の工業高校に在籍していた際に、就職活動をしたのですがその時の希望が、「上京したい」「工場の仕事」「寮生活」「給料がいい」といったもので、希望と合致していました。

実際に入社してみると寮で家電やベッドなど、すべて揃っている状態ですでに住める状態となっていてすぐに生活できる状態になっていました。

一度辞めた後、いくつかの会社を経験したのですが、最後に働いた会社は労働環境が悪かったり、休日の充実感といったものがありませんでした。そこでもう一度早川鉄鋼株式会社で働いてみたいなと考えて、連絡先を交換していた現在のライン長に連絡を取って、復職を決意しました。

復職の理由は何だったのでしょうか

人間関係が良かったことが大きな要因です。
最後に働いた会社が地方だったこともあって、休日の充実感がなかったのですが、今の職場は千葉県の船橋市で休日に遊ぶところやイベントがたくさんあり、休日の充実感につながっています。

現在の仕事内容を教えてください

太物の鉄筋加工が主な仕事になります。

加工の伝票が毎日システムで作られるので、太物の鉄筋をその伝票通りに加工していきます。加工だけでなく鉄筋の切断作業や、加工や切断前の材料出しといった作業も行っています。

仕事の楽しいところは?

今後依頼がくる新しい形の加工のテストなどで、たまに工場長から特殊な加工をお願いされることがあります。

この特殊な加工がスムーズに決まったときが楽しいです。特殊で難しい形の場合、頭の中で3Dに考える必要があるのですが、それが思い通りに決まると最高です。

仕事の難しいところは?

毎日の仕事量が変わるところです。

仕事量が多いときに、特殊な加工があると大変なのですが、仕事量が多いということはどうしても特殊な加工が入ってくる割合も多くなってきます。そういった際に1日の段取りを組んでいくのが難しいです。

入社して感じる会社の魅力は?

2019年に最初に入社した際にも感じましたが、人間関係が良いです。

仕事となると皆ピリッとしたメリハリはありますが、仕事中であってもコミュニケーション量が多く、一緒に協力して働く文化が形成されていると思います。

仕事以外の休憩時間でも、皆よく話して良い人間関係ができています。
プライベートに深く干渉しすぎない非常に心地良い関係で、休日に一緒に遊ぶ同僚もいます。

また入社理由でも触れたのですが、福利厚生が非常に充実している点も会社の魅力です。

入社前と感じたギャップや違いは?

年齢が上の人が多いので、気難しい人がいたりとか、コミュニケーションを取るのが大変なんじゃないかと考えていたのですが、良い意味でギャップがありました。

実際に働いてみると、年齢関係なくコミュニケーションを取っていて、非常に良い雰囲気で仕事ができています。

会社での目標は?

現在の目標は、今作業しているラインのリーダーになることが目標です。

その後には太物だけでなく、細物の加工や材料出しも身につけて、工場全体の業務内容をまんべんなく対応できるようになっていきたいと考えています。

新しく入社する方に一言

仕事内容がどうしても力仕事になっていくので、無理せずに仕事が続けられるかどうかは大事になると考えています。

人間関係については、コミュニケーションを取る文化が形成されているので、そこはあまり心配しすぎる必要ないかと思います。